(2010年5月14日改定)
日本木材学会編集委員会

 投稿された原稿(カテゴリーⅠ~Ⅲの論文,総説)は,木材や林産物に関連した内容を有し,その種類,カテゴリーに応じて審査を受け,その採否が決定されます。また,速報としての投稿の場合は,その必要性も審査されます。原稿内容の価値判断は読者によってなされ,原稿の内容に関する責任は著者に帰すものですが,審査ではその原稿が定められた基準を満たしているかどうかが判断されます。日本木材学会編集委員会は,投稿原稿の審査の基本方針を次のように定めています。

1. 審査の目的

投稿された原稿(カテゴリーI~IIIの論文,総説)が,審査の基準に照らして掲載可能か否かを判断するのが審査の目的です

2. 審査の基準

 投稿原稿は,木材や林産物に関連した分野における位置付けや貢献度などについて,次の項目に照らして審査され,掲載の可否が判定されます。ただし,カテゴリーⅠの論文には(1),カテゴリーⅡの論文には(2),カテゴリーⅢの論文には(3)が特に適用されます。一方,総説には(4)および(5)が適用されます。また,著者が速報を希望する場合には(1),(2)または(3)に加えて,(6)が適用されます。

  • 新規性:原稿の内容が,公知,既発表,または既知のことから容易に導き得るものでないこと。
  • 資料性:実測・実験・調査等に基づく資料に富み,基礎資料として役立つこと。
  • 実用性:原稿の内容が実用面で有益で,価値ある結果やデータを含み,技術開発や実用化に役立つこと。
  • 網羅性:自分の研究紹介に偏ることなく,研究が広く紹介されていること。
  • 今日性:最近の研究の流れが的確に紹介されていること。
  • 速報性:原稿の内容が速報に値する価値があること。

 さらに,原稿はその内容に誤りがなく有用で,読者が十分理解できるように簡潔,明瞭に記述され,信頼できるものであり,投稿規程・執筆要項に規定されたとおりに構成されていなければなりません。

3. 審査員

 投稿された原稿の審査員2名は,編集委員会において決定されます。ただし,編集委員会から依頼された総説については審査員1名とします。
 審査員の氏名は公表しません。著者との連絡はすべて編集委員会編集部が行い,審査員が著者と直接連絡をとらないこととします。

4. 審査の結果

 原稿は,上記の基準に照らして総合的に審査され,次のいずれかに判定されます。

  • このまま掲載可。
  • 指摘の点を検討のうえ,書き改めれば掲載可。
  • 著者が訂正したのち,もう一度審査員がみる必要あり。
  • 却下した方がよい(掲載するほどの内容を含まない場合および掲載すべきでない場合)。

 (2),(3)と判定された原稿の場合は,掲載条件が具体的に示されるので,指摘にそって原稿を修正することになります。(2)の判定の場合は,重要な内容の訂正を掲載条件としないことが原則です。
 審査員2名の場合は両者が,審査員1名の場合はその審査員が(1)と判定すれば,審査は終了し,掲載可となります。
 審査員2名の場合に両者がともに(4)と判定した場合は,却下となります。
 審査員2名の場合は一方が,審査員1名の場合はその審査員が(4)と判定した場合は,別の審査員によってさらに審査を行い,その審査員も(4)と判定すれば却下となります。

審査時チェックリスト


論文の投稿から発行までの流れ