事務局より

最終更新日:2018年10月23日


年次大会で研究発表を希望される方へのご連絡 (2018.10.23)

2019年3月の年次大会(函館大会)で研究発表を行うためには,申込みの時点で,口頭発表の

登壇者あるいはポスター発表の説明者が,日本木材学会の正会員,学生会員または

賛助会員(1社3件以内)であることが必要です.


学生会員入会キャンペーンについてのご案内 (2018.10.23)

日本木材学会では2018年11月1日から2019年3月31日までの期間,学生会員の入会キャンペーンを実施いたします(正会員は実施しません).この期間に入会を申込んだ学生会員は,1年分の会費(年額:学生会員7,000 円)で申込日から2020年3月まで最大17ヶ月の会員資格が得られ,

 1. 申込日〜3月31日の論文投稿,年次大会発表申込および年次大会参加申込の資格

 2. 次年度の全学生会員の資格

が与えられます.

なお,2019年3月の年次大会(函館大会)での発表申込をされた方は1月末までに会費納入する必要がありますのでご注意下さい.

入会申込については,以下に示しますとおり学会ホームページからオンライン入力で行ってください.

トップページ → 入会案内


本年度会費未納の方々へのご連絡 (2018.10.23)

2018年度年会費をまだ納入されていない方は,速やかにお振り込みくださいますよう

お願い申し上げます.なお,2018年12月末までに納入がない場合は,2019年3月の

年次大会(函館大会)の発表申込ならびに会員資格での参加ができなくなりますので,

ご注意ください.


編集部移転のお知らせ (2018.04.26)

日本木材学会編集部は編集委員長交代に伴い,平成30年4月1日に下記に移転致しました.


〒606-8502

京都市左京区北白川追分町

京都大学大学院農学研究科森林科学専攻内

日本木材学会編集部

TEL: 075-753-6245(編集委員長 藤井義久,編集部 中家明子,八田陽子)

FAX: 075-753-6245

E-MAIL: edit-office@jwrs.org


木材学会誌の2018年度からの年4号体制への変更について (2017.12.07)

 和文誌「木材学会誌」は現在年6号発行されておりますが,年間の掲載数が20報程度と,大変厳しい状況となっております.それに伴い,発行経費と掲載料収入のバランスも大幅な赤字となっております.

 つきましては,「木材学会誌」を2018年度発行分,すなわち2018年3号(64巻3号)より年度内4号(基本的に4月,7月,10月,翌年1月)の発行体制に変更させていただくことになりました.これによって発行経費と掲載料収入のバランスがかなり改善される予定です.また,学会記事についても年4号の発行で特に問題は生じません.


年4号体制への変更に伴う変更点等は下記の予定となっております.



 会員の皆様からの「木材学会誌」へのご投稿を切にお願いするとともに,号数削減に関してご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます.

 なお,ご意見等ございましたら,編集部(edit-office@jwrs.org)までお寄せいただければ幸いです.


日本木材学会・会長     福島和彦

日本木材学会・編集委員長  吉村 剛


Journal of Wood Scienceの2019年からのフルオープンアクセス化について (2017.12.07)

 英文誌「Journal of Wood Science」は,現在IFが1.0を越え,木質科学に関する世界的な基幹雑誌の一つとして広く認知されております.今後の更なる国際発信力強化という観点から,すべての論文のオープンアクセス化(フルオープンアクセス化)を目指して検討を重ねてまいりましたが,その結果,現在の編集・出版体制を維持した形で2019年1号(65巻1号)よりフルオープンアクセス化を実施することとなりました.

2019年からは,会員の皆様の全ての論文が一律の投稿・掲載料(770ユーロ)で世界中の研究者に自由に読んでいただけるようになります.なお,投稿システムについては基本的に従来通りで変更はありません.


フルオープンアクセス化にともなう投稿経費等については下記の予定となっております.



現在編集中の論文の取り扱いやフルオープンアクセス化に向けた投稿開始時期等,新たな情報については随時ホームページ等で会員の皆様にお知らせいたしますので,ご理解と協力のほど宜しくお願い申し上げます.

なお,ご意見等ございましたら,編集部(edit-office@jwrs.org)までお寄せいただければ幸いです.


日本木材学会・会長     福島和彦

日本木材学会・編集委員長  吉村 剛


事務局の営業日について (2017.08.16)

事務局の営業日が8月から以下のようになりましたのでお知らせします.

営業日:月・火・木・金


Journal of Wood Science(JWS:欧文誌)冊子体年間購読について (2017.07.06)

JWS誌冊子体 年間購読を以下の通り受付けます.(会員のみ)

  1. 購読単位
    年間購読(4 月号から翌年 2 月号まで計 6 冊を 1 年度とします)
  2. 価格
    年 18,000 円(内訳: 本体 15,000 円(6 冊分),消費税,送料・封筒代等諸費用)
  3. 申込期限
    年度途中からの購読も可能です.その場合の購読費は 3000 円×配布冊数になります.
  4. 申込方法
    下記明記の上,学会事務局宛てメールまたはファックスにてお申込みください.
    • 氏名
    • 会員番号
    • 請求書送付先
    • 冊子送付先
  5. お支払方法
    お申込受付後請求書をお送りいたします.
  6. ご不明の点は下記までお問い合わせください.
    学会事務局
    メールアドレス:office@jwrs.org
    ファックス番号:03-3818-6568

著作物転載許可について (2017.06.07)

木材学会誌及び英文誌JWSの版権(著作権)は日本木材学会にあります.ただし,JWSの電子版については,シュプリンガー社に出版の権利があります.木材学会誌及びJWSを含め日本木材学会が発行する著作物の転載許可が必要な場合は,転載についてのページをご覧の上,所定の手続きを行ってください.


会誌掲載料等の消費税率適用についてのお知らせ (2014.03.28)

 和文誌「木材学会誌」の掲載料については,発行日を基準として適用する消費税率

を判断します.発行日が平成26年3月31日までの学会誌に掲載された論文等の掲載料

に係る消費税は 5 % ,発行日が平成26年4月1日以降の学会誌に掲載された論文等は

8 % となります.

 英文誌「 Journal of Wood Science 」の掲載料については,On-line Firstとし

て,インターネット上でWEB公開された日付,もしくは掲載号の発行日のどちらか早

い方を基準として適用する消費税率を判断します.平成26年3月31日までに公開もし

くは発行された論文等の掲載料に係る消費税は 5 %,平成26年4月1日以降に公開もし

くは発行された論文等は 8 % となります.


ウッディエンスの登録アドレスについて (2013.11.21)

本学会では,学会の様々な活動をより多くの方に知って頂くため,メールアドレスを登録して頂いた方々にメールマガジン「ウッディエンス」をお届けしています.

http://www.jwrs.org/woodience/


ただ,最近,ウッディエンスをお届けできない方が増えております.

就職や転職等でメールアドレスを変更された方は,ぜひアドレスを再登録をして頂きますよう,お願いいたします.


博士学位論文のweb公表に対する日本木材学会の対応 (2013.08.05)

平成25年3月11日に公布された学位規則の一部改正(平成25年文部科学省令第5号)により,博士学位論文の公表方法が印刷公表からインターネット上の公表に変更されました.当学会では,Journal of Wood Science,ならびに木材学会誌に掲載された論文の著作権処理について,以下のように対応いたします.


  1. Journal of Wood Scienceに掲載された論文の転載については,日本木材学会の許諾
    http://www.jwrs.org/editor/reproduct.html
    を得るとともに,RightsLink
    http://www.copyright.com/content/cc3/en/toolbar/productsAndSolutions/rightslink.html
    にアクセスしSpringer社からの許諾を得てください.
  2. 木材学会誌に掲載された論文の転載については,日本木材学会の許諾を得てください.
  3. Web公表された研究成果は,既発表として取り扱います.

博士学位論文のweb公表に対する日本木材学会の対応


JWS競争入札の結果について (2012.02.01)

Journal of Wood Scienceの58巻2号〜62巻1号(電子ジャーナル等を含む)出版の競争入札の結果をお知らせします.


 競争入札結果公告


公開シンポジウム「木質資源がこれからの日本に果たす役割」 報告と会長まとめ (2011.06.28)

 平成23年6月25日に公開シンポジウム「木質資源がこれからの日本に果たす役割」が開催されました(シンポジウムプログラム).


 当日はご来賓として林野庁林政部木材利用課長 池渕雅和様よりご挨拶を頂きました.


 シンポジウムには多くの方に参加頂き,盛会のうちに終わりました.

 講演会の講師の皆様,パネルディスカッションのコーディネーターならびにパネラーの皆様,ありがとうございました.


 シンポジウムまとめ 木材資源がこれからの日本に果たす役割


提言「建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050−カーボン・ニュートラル化を目指して」が完成いたしました (2009.12.07)

 日本建築学会の地球温暖化対策となる具体的な方法論を精査する呼び掛けに応え,「建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050−カーボン・ニュートラル化を目指して」という提言書作成に参画し,この度完成しましたので,お知らせします.


提言 「建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050−カーボン・ニュートラル化を目指して」


このページの内容に関するお問い合わせは事務局まで

日本木材学会事務局

〒113-0023 東京都文京区向丘1-1-17
タカサキヤビル4階
TEL 03-3816-0396 FAX 03-3818-6568